シミ予防には「ビタミンC誘導体」配合の美白化粧水が効果的!

シミ予防には「ビタミンC誘導体」配合の美白化粧水が効果的!

美白化粧水

 

シミ予防のためにはたっぷりの化粧水とビタミンC誘導体が必須!

 

30代中頃までは、シミが気になると言っていても、濃いシミが出来ている人は少ないです。

 

美しい肌ですし、肌にハリもツヤもあって、シミやシワなんて想像もできない状態だという方もいます。

 

そんな30代ですが、40歳を目前にする頃になりますと、「おやおや?」っという感じで、今まであったシミが急に濃くなったり、今まで気にならなかった部分にも、ぼんやりとシミがあらわれはじめます。

 

これらは急に濃くなったる、急に出来たように思えるのですが、実際はそうではありません。

 

長い時間をかけてゆっくりと作られてきた、シミの原因であるメラニン色素がゆっくりと浮かび上がりシミとなって見えてしまいます。

 

お肌の曲がり角は、20代や30代でも現れますが、40歳目前にも突然現れて、驚きと戸惑いをもたらします。

 

若いうちからビタミンC誘導体の化粧水でシミ予防をするのが大切

 

このように、40歳を目前にする頃に、シミなどが急に肌の表面に浮かび上がって戸惑いと焦りを感じるようになります。

 

まだシミになる前の段階で、シミ予防のためにビタミンC誘導体だ高濃度配合された美白化粧水をたっぷりと使うことで、これから出来るシミ予防をすることが出来ます。

 

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体は、シミだけでなく、シワやニキビ、乾燥にも効果的です。

 

ビタミンCはそのまま化粧品に配合しても、壊れやすくお肌に浸透しにくいので「ビタミンC誘導体」が配合されている化粧水を選びます。

 

シミや美白に効果的という事で有名なビタミンC誘導体は「抗酸化作用」もあるので老化防止やニキビの炎症を抑える効果もあります。

 

さらに、ビタミンC誘導体をお肌の奥に浸透させると、コラーゲンを増やしてシワ予防や、お肌のハリ改善にも効きます。

 

そこで、20歳を過ぎたらシミが気にならなくても毎日のケアにビタミンC誘導体をプラスすることで、お肌の老化を遅らせることが出来ます。

 

いつまでも若々しいお肌を保つには、何歳からでも遅くありません。ビタミンC誘導体を使い続けることが大事です。

 

ビタミンC誘導体を効率よく取り入れるには?

20代の頃はそこまでしなくてもいいかもしれませんが30代を超えてくると、ビタミンC誘導体をどれだけお肌の奥にたくさん届けられるかで、お肌の調子が全く違うことが目に見えてわかるようになります。

 

ビタミンC誘導体を効率的にお肌に取り入れるポイントは大きく分けて2つあります。

 

  1. ビタミンC誘導体が高濃度で配合されている美容液を使う。
  2. ビタミンC誘導体を美顔器でイオン導入する。

 

ビタミンC誘導体が高濃度で配合されている美容液を使う。

ビタミンC誘導体は美白化粧水以外にも、美白美容液にも配合されています。

 

基本的に、ビタミンC誘導体は美容液の方が高濃度で配合されていることが多いので、美白化粧水だけでは物足りないという場合は、美白美容液も毎日のケアに取り入れるようにしましょう。

 

お肌の状態によっては、ビタミンC誘導体がピリピリとお肌への刺激を感じる場合もあります。
そういう時は、ビタミンC誘導体の濃度が低い化粧品にするか、しばらく使用を控えましょう。

 

ビタミンC誘導体を美顔器でイオン導入する。

さらに、お肌の奥までビタミンC誘導体を浸透させたい場合は、家庭用美顔器か美容クリニックでイオン導入をすることで、お肌の奥まで浸透させることが出来ます。

 

イオン導入は、毎日するものではなく、

 

  • 家庭用美顔器なら週1〜2回
  • 美容クリニックなら月1回

 

程度のスペシャルケアです。

 

「長く若々しいお肌でいたい。」「お肌のトラブルや老化を改善したい」という方は、積極的に取り入れていきましょう。

 

ドラッグストアに売っているプチプラ美白化粧水でもいいの?

プチプラの美白化粧水が全て効果がないというわけではありませんが、プチプラの化粧水はビタミンC誘導体などの有効成分の配合量が少ない場合が多いです。

 

また、パッケージが美白っぽいだけの化粧水や、「ホワイト〇〇」というように、美白っぽいネーミングだけど、美白成分が入っていない化粧品も売られています。

 

美白効果を出したい場合は、ビタミンC誘導体などの美白成分がどれだけの濃度で配合されているか確認してから購入するようにしましょう。

 

 

紫外線対策を怠ると美白化粧水をつけてもムダ!

紫外線対策
シミ予防にはたっぷりとの化粧水とビタミンC誘導体を摂取することが大切ですが、紫外線対策をしっかりして日焼けを防ぐことも重要です。

 

お肌の老化の80%は「光老化」と言われています。

 

ビタミンC誘導体をどれだけ補給していても、紫外線を多く浴びてしまっては意味がありません。

 

シミ予防には毎日の美白化粧品でのケアだけでなく、日焼け対策を怠ってはいけません。

 

ビタミンCが摂取できる食べ物や飲み物を摂ろう!

ビタミンC食べ物
また、ビタミンCは美白化粧品だけではなく、食べ物や飲み物などで口からも摂取していきましょう。

 

ビタミンCが多く含まれる食べ物飲み物、サプリメントで摂取しても一度出来たシミは消すことが出来ません。

 

口から入れたビタミン剤では、肌に到達するまでに体のあちこちで使われ、肌の中で働くのに充分な濃度になりません。

 

ただし、ビタミンCには抗酸化作用があり、紫外線に対する抵抗力をつけるのには意味があります。

 

また、紫外線によって発生した活性酸素を取り除く効果もあり、皮膚を守ってくれます。

 

つまり、出来てしまったシミはビタミンCの入った食べ物で薄くなることはなくても、シミ予防には十分効果があるという事です。

 

また、紫外線を多く浴びるアウトドアや海水浴に行く2週間前からビタミンCを多く摂取することで、シミ予防に効果があるというデータもあります。