化粧品が進化してもシミを隠すにはメイクが一番効果あり!?

シミ隠しはメイクアップ化粧品を使うのがベスト!

シミ消しメイク

 

ここ数年の美白ブームでホワイトニング化粧品は、かなり進化しました。とは言っても出来てしまった濃いシミを完全に消し去る事はまだまだ難しいですし、時間もかかります。

 

そこで、「明日すぐにシミを消したい!」という時に一番手っ取り早くて確実なのがメイクで隠してしまうという方法です。

 

今では、メイクアップ商品も昔に比べて驚くような進化をとげ、濃いシミでもメイクテクニック次第では、ほぼシミが見えなくなるレベルまで隠せるようになりました。

 

更に女性達のメイクテクニックも上がり、シミを消しさる高度なテクニックを身につけています。

 

このようにシミを隠す為にはメイクが一番なのです。

 

 

シミを隠したいならメイクを使い分ける事が大切。

 

シミは人によって濃さや大きさが違いますよね。

 

人によって違うシミを同じ方法でメイクしても、キレイに隠す事は出来ません。

 

そこで、シミをキレイに隠すためには、それぞれのシミにあったものを使う事が大切なのです。

 

シミを隠す為に使う化粧品は、コンシーラーファンデーションが主なものです。

 

そこに日焼け止めの効果があり、コントロールカラーの役割にもなる化粧下地を加える事でさらにシミを隠す効果が高くなります

 

これらを上手に選び、メイクする事で仕上がりにはかなりの差が出ます。

 

では、それぞれの化粧品について詳しくみていきましょう。

 

 

小さいシミ隠しメイクにはコンシーラーが便利。

 

まずは、コンシーラーです。シミを隠すアイテムとしては欠かせません。

 

様々なものがあり、テキスチャーの硬いもの、柔らかいもの、色も豊富で肌に合わせて選ぶ事が出来ますが、シミを消したい時はイエローが入っていて、自身の肌色よりも少しだけ濃い色を選びましょう

 

コンシーラーは小さめのシミをピンポイントで隠すメイクをしたい時に便利です。

 

形状もスティックタイプのもの、筆で塗るタイプの物など様々です。

 

小さめのシミの中でもより小さいものは筆タイプ。

 

大きめの物はスティックタイプでメイクすると使いやすいかもしれません。

 

基本的にコンシーラーはファンデーションの前に使用するとナチュラルに仕上がりますが、ファンデーションの後に使うほうが、カバー力は高くなります。

 

それぞれの、シミの濃さや、仕上がりの好みで使い分けましょう。

 

 

大きめのシミ隠しメイクはファンデーションで。

 

ファンデーションも高機能になり、シミを隠す効果のあるものがたくさんあります。

 

光の分散を利用したものやカバー力の高いものなど、色々な工夫がされています。

 

ファンデーションにはリキッドとパウダーがあります。

 

これに関してはどちらが良いとはなく、肌質など考慮して選ぶのが良いでしょう。

 

そして、コンシーラーがピンポイントのシミに効果があるのに対して、ファンデーションは広い面でのシミを隠すメイクに適しています。

 

広い面をコンシーラーでメイクしてしまうと、厚塗りになってしまいます。

 

そういった部分はファンデーションがおすすめなのです。

 

 

シミ隠しメークと同時にホワイトニングで根本ケアも

 

シミは化粧品でメイクをすればキレイに隠す事が出来ます。

 

でも、出来れば根本のシミをキレイに出来たらというのが本音だと思います。

 

そんな人にはキレイに隠す効果、そして、ホワイトニング効果がある美容成分が配合された化粧品を併せ持ったものがおすすめです。

 

隠しながらケアするという商品です。

 

コンシーラーやファンデーションにホワイトニング成分が配合されているので、メイクしている間にホワイトニングケアが出来てしまいます。

 

そんな優秀な化粧品もあるので、ぜひ、利用してみるのも良いかもしれません。