出来てしまったシミ 隠す メイク

メイクでシミを隠すことは可能なの?

シミ メイク

 

加齢とともに女性を悩ませる顔に出来てしまうシミ。

 

顔はいちばん人に見られる場所なのに、いちばん紫外線に晒されやすい部分なので、どうしても30代を過ぎたあたりからシミが出現してきてしまいます。

 

どんなに小さなシミでも、本人にとっては大問題。

 

どうにかしてシミを隠そうと、さまざまな苦労をされている女性は多いと思います。

 

シミを隠すのにいちばん簡単なのは、専用のメイク品を使うこと。

 

普通のファンデーションで隠せないシミやクマ、ニキビ跡などの肌トラブルを目立たなくする化粧品には「コンシーラー」を使うことが効果的です。

 

でもこのコンシーラーにも種類によって効果に違いがあるのを知っていますか?

 

まずは、シミを隠すのに効果的なコンシーラーの選び方をご紹介したいと思います。

 

 

重要なのはコンシーラーの選び方!シミを隠すにはこのタイプが最適!

 

コンシーラーにはいくつか種類があります。

 

いちばん有名なのはスティックタイプですが、他にも

 

  • リキッドタイプ
  • クリームタイプ
  • ペンシルタイプ
  • パレットタイプ

 

などがあり、それぞれ色のバリエーションも豊富です。

 

この中でシミを隠すのに特に向いているのはスティックタイプかパレットタイプのコンシーラー。

 

ピンポイントに使えて塗りやすく、他のタイプに比べてテクスチャが硬いぶんカバー力が高くなるので、シミを1つずつ丁寧に隠したいときには最適な商品です。

 

シミ メイク使用する際のコツは、シミの大きさより2周りくらい広めに塗ること。

 

このときにシミが透けて見えないようにしっかり厚めにのせることがポイントです。

 

その後、塗った端の部分を指の腹でやさしく肌に馴染ませていきます。

 

肌との境い目がすっかり馴染んだら、上からファンデーションをつけましょう。

 

シミ メイク広範囲のシミやそばかすを隠したい時は、リキッドやクリームタイプのコンシーラーを選ぶと良いでしょう。

 

スティックやバレットのタイプを広い部分に塗ると厚ぼったい印象になってしまうので避けた方が無難です。

 

シミ隠しに向いているファンデーションはこれ!

コンシーラーはシミ隠しにとても効果的ですが、ファンデーションでもある程度シミをカバーすることができます。

 

シミやそばかすは気になるけどコンシーラーを使うほどではない、という場合は、カバー力の高いリキッドファンデーションかクリームファンデーションを使うのがおすすめ。

 

それぞれ軽めの使い心地のものから、重めの質感でしっかりカバーしてくれるものまで多くの種類があります。

 

 

シミ メイクどちらもカバー力が高いだけに厚塗りになってしまいがちなので、不自然な厚化粧にファンデーションは厚塗りにならないように気を付けましょう。

 

リキッドやクリームタイプのファンデーションで十分隠れる程度のシミであれば、コンシーラーを使わずファンデーションのみを使った方がキレイに仕上がります。

 

とは言え、コンシーラーもファンデーションも自分の肌との相性が大事なので、つけ心地や仕上がり感に納得のいくものを使うのがベストですね。

 

試供品などをうまく利用して、自分のシミと相性の良いメイク法を見つけましょう。