レーザー治療 シミ

レーザー治療って実際どうなの?

レーザー治療

 

30代以降になると顔にシミができて悩む女性が一気に増えて来ます。

 

シミがたったひとつあるだけでも女性の顔の印象は大きく変わってしまうため、「どうにかしてこの気になるシミを取りたい…」と切実な思いを抱えている人もいるのでは?

 

最近では美容クリニックや皮膚科でレーザーを使った治療で簡単にシミを除去することが可能な時代になりました。

 

専門のクリニックも全国に多数あり、実際にレーザー治療を経験する人も増えています。

 

また、インターネットにはレーザーによるシミ取りの口コミが数多く寄せられ情報を得ることが容易になったため、今やシミのレーザー治療は以前よりずっと私たちに身近なものになりました。

 

でも、レーザーというと「高そう」とか「痛そう」とか「跡が残ってしまうんじゃ?」など、まだまだ不安な声がよく聞かれます。

 

ここでは、レーザー治療に不安を持つ女性のために、実際のところはどうなのか、口コミ情報を調査してみました。

 

 

レーザー治療が向くシミ、向かないシミ

ひとくちにシミと言っても様々な種類があり、レーザーで取れるものと取れないものがあります。

 

レーザー治療にと相性が良いシミ「老人性色素斑」

 

レーザー治療と相性の良いシミは、「老人性色素斑」という紫外線が原因で起こるシミです。

 

一般的にシミといえばこの老人性色素斑を指す場合が多く、色が濃く目立つためもっとも悩んでいる人が多いと言われています。

 

また、そばかすも紫外線が原因で発生しやすく、クリニックで頻繁に行われている治療のひとつです。

 

レーザー治療にと相性が悪いシミ「炎症性色素沈着」

 

逆にレーザーが向かないシミは、傷跡やニキビ跡などが色素沈着してシミになった「炎症性色素沈着」というシミです。

 

炎症性色素沈着は

 

  • 美白化粧品やハイドロキノンなどの医薬品のホームケア
  • ピーリング
  • ビタミンC誘導体のイオン導入

 

などが効果的です。

 

レーザー治療にと相性が悪いシミ「肝斑(かんぱん)」

 

また、肝斑(かんぱん)という頬に左右対称に現れるシミは、レーザーを当てるとかえってシミが濃くなってしまうケースもあり注意が必要です。

 

しかし最近は「レーザートーニング」という肝斑も治療できる機器を扱うところも増えてきました。

 

まだまだレーザー治療では課題の多い肝斑の主流な治療法は

 

  • トラネキサム酸とビタミンCを同時服用できる内服薬
  • 美白化粧品やハイドロキノンなどの医薬品のホームケア
  • ピーリング

 

などが効果的です。

 

 

美白コスメを長く使い続けるのは根気が要りますが、レーザーならすぐにシミを消すことが出来るので、1度経験した人はすぐにまた他のシミも取りたくなる人が多いようです。

 

レーザー治療の料金はどのくらいかかる?

クリニックや、使う機材によって値段はまちまちです。

 

現在は「QスイッチYAGレーザー」や「Qスイッチルビーレーザー」が人気のレーザー治療となっています。

 

安全性が高く、肌ダメージも比較的少ない点から多くのクリニックで広く使われています。

 

レーザー治療レーザー治療なら濃いシミにも効果大!
口コミでは、レーザー治療で実際にシミが消えたという女性は非常に多くいました。
濃いシミは、1度で効かなくても何度かに分けて、3回〜5回ほど施術をすることで完全に消えたという口コミたくさんあるました。
美白化粧品では効果をみることが難しい濃いシミはレーザー治療なら消す事も可能ですね。

 

施術後は肌の状態が不安定になりますが、それもクリニックでしっかりケアしてくれるので安心ですね。

 

クリニックでもらった薬をしっかり塗ることと、紫外線対策は必ず徹底したほうがいいですね。

 

 

料金は、クリニックや皮膚科によって違うので、口コミを見てみると

 

  • 「Qスイッチルビーレーザー」で2o以内が3,000円〜10,000円以上
  • 「QスイッチYAGレーザー」で1o以内が2,000円〜10,000円以上

 

と、かなり幅があります。

 

クリニックにや皮膚科によって初回カウンセリングに料金が発生するところと無料のところがあり、扱う機材や料金設定も大きく異なります。

 

レーザー治療を考えている人は、事前に多くの口コミなどを参考にし、情報を得て値段や評価などを比較して検討することが大切です。

 

美白コスメを長期に渡って使い続けるよりも、料金は多少高くても1〜2度の施術でシミが消えるレーザーはやっぱり魅力的ですね。

 

すぐにこのシミを何とかしたいという人は、レーザー治療を検討してみるのも良いかもしれません。