シミ予防には「抗酸化作用」のあるポリフェノールやビタミン類を取り入れよう。

シミ予防には「抗酸化作用」のあるポリフェノールやビタミン類を取り入れよう。

抗酸化物質

 

紫外線は皮膚に有害ですが、日本では紫外線を全く浴びずに生活することは不可能です。

 

その為、人間には有害な紫外線から身を守る機能が備わっています。

 

角質もその一つです。肌表面には古くなった皮膚(角質)があり、外部の刺激からお肌を守ってくれています。

 

日光浴をしても足の裏はほぼダメージを受けないのは厚い角質が紫外線を吸収しているためです。

 

これが、お肌の「バリア機能」というものです。

 

乾燥肌や敏感肌の人は、角質のバリア機能が弱まっていたり、一部破損している状態になります。

 

この状態で紫外線を浴びてしまうと、健康なバリア機能がしっかり働いている肌よりも、シミが出来やすくなってします。

 

抗酸化作用がとは?
抗酸化作用とは、老化を防止してくれる物質「抗酸化物質」の働きを意味します。

 

「抗酸化物質」とは…紫外線を浴びると出来てしまう、シミの原因になる活性酸素を除去できる物質。

 

皮膚の中には、ウロカニン酸やグルタチオンなどと呼ばれる抗酸化物質があり、紫外線が生み出す「活性酸素」を除去しています。

 

「活性酸素」は…体や皮膚の細胞をサビ付かせて老化の原因になっています。

 

しかし、私たちの体内で作られる「体内抗酸化物質」は、年齢とともに減少していくので、食べ物などで補う必要があります。

 

「ビタミン」や「ポリフェノール」などは抗酸化作用がある物質を補うことが出来る成分です。

 

抗酸化物質を含む食べ物で紫外線と老化予防しよう!

植物は紫外線をたっぷり浴びて光合成をしているので、紫外線などから細胞を守る機能が発達しています。

 

人間もその植物である、野菜や果物を食べるとその恩恵を受けることができます。

 

近年、植物の中の抗酸化物質が再注目されたり、新たに発見されたりしています。

 

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

 

この3つのビタミンはビタミンの中でも抗酸化力の高いビタミンです。

 

また、ポリフェノールも抗酸化物質です。

 

ポリフェノールには、

 

  • カテキン
  • フラボノイド
  • リグナン
  • イソフラボン

 

などが挙げられます。

 

これらの抗酸化物質を食べ物から効率よく摂取することが、紫外線によるシミを防ぐだけでなく、老化防止にもつながります。

 

主なビタミン類の抗酸化物質を含む食品の例

ここでは、どのような食べ物を食べれば、ビタミン類の抗酸化物質が摂取できるか解説していきます。

 

ビタミンA

緑黄色野菜…オクラ、かぼちゃ、小松菜、サヤインゲン、シソの葉、春菊、チンゲン菜、ニラ、ニンジン、パセリ、ピーマン、ブロッコリー、ほうれん草、芽キャベツなど

 

ビタミンC

緑黄色野菜…上に記載

 

淡色野菜…カブ、カリフラワー、キャベツ、ジャガイモ、白菜、もやし、レンコンなど

 

ビタミンE

玄米、胚芽米(はいがまい)、黒パン、植物油(大豆油、ごま油、オリーブオイル)、大豆、落花生

 

 

主なポリフェノールの抗酸化物質を含む食品の例

ここでは、どのような食べ物を食べれば、ポリフェノールの抗酸化物質が摂取できるか解説していきます。

 

カテキン

緑茶、カカオ豆

 

イソフラボン

大豆胚芽

 

リグナン

ゴマ

 

その他(フラボノイドを含む)

赤ワイン、ココア、そば、玉ねぎの皮、柑橘類の袋

 

 

主なカロテノイド色素の抗酸化物質を含む食品の例

ここでは、どのような食べ物を食べれば、カロテノイド色素の抗酸化物質が摂取できるか解説していきます。

 

リコピン

オレンジ、トマト、ニンジン、パイナップル

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

抗酸化物質は、シミ予防や老化の面だけではなく、健康面にもいい影響を及ぼします。

 

とくに、緑黄色野菜は抗酸化物質を多く含んでいるので、毎日1食は食べるように心がけましょう。