うっかり日焼けやシミを予防するスキンケア方法

うっかり日焼けやシミを予防するスキンケア方法

うっかり日焼け

 

紫外線対策をしっかりとしていても、うっかり日焼けをしてしまうことってありませんか?

 

うっかり日焼けをそのままにしておくと、シミができる可能性があります。

 

シミを予防するためには、日焼けをしないように紫外線対策をすることと、うっかり日焼けをしてしまったときに素早くケアをすることが大切です。

 

しかし、紫外線対策を万全にしているつもりでも対策が不十分であったり、日焼けをした後のケアが誤っているため、かえってシミのリスクを高めていることがあります。

 

では、どのように紫外線対策をしたらいいのでしょうか。また、日焼けをしたときにはどのようにケアをしたらいいのでしょうか。

 

紫外線から肌を守る方法

 

日焼けをしてシミが残らないように予防をするためには、紫外線対策をしっかりする必要があります。紫外線対策には日焼け止めを使うのですが、正しく塗れていない人は意外と多いです。

 

日焼け止めは正しく塗らないと紫外線カット効果が十分に発揮されません。

 

日焼け止めの力を発揮させるためには、たっぷりの量を塗る必要があります。

 

SPFの測定法では、1平方cmあたり0.2mgの日焼け止めを塗るように定められています。

 

顔に塗るなら500円玉大が必要です。

 

そして、2時間おきくらいに塗り直しも必要です。

 

SPFが高い日焼け止めを一度だけ塗るよりも、値が低くても何度も塗り直しをした方が、高い紫外線カット効果があります。

 

日焼け止め以外の紫外線対策法

 

日焼け止めを塗るだけでなく、その他のものを活用して紫外線対策をすることで、より高い日焼け予防効果やシミ予防効果が期待できます。

 

紫外線を防ぐために活用して欲しいものが、帽子と日傘です。

 

帽子はつばが8cm以上あるものを被りましょう。顔の横にもつばがついていると、横から当たる紫外線を防げます。

 

レース素材は涼し気ですが、レースのすき間から紫外線が入り込んできてしまいます。帽子や日傘は織り方が密なものを選びましょう。

 

UVカット加工されていると、より高い紫外線カット効果が期待できます。また、黒い色だと白よりも高い紫外線カット作用があります。

 

うっかり日焼けをしたときの対処

紫外線をしっかり防いでいたつもりでも、うっかり日焼けをすることがあると思います。

 

何もケアをしないとシミが残る心配があるので、シミ予防のためには素早くケアをしましょう。

 

日焼けをした状態はやけどをした状態を同じようになっているので、日焼けをしたときには、まずは肌を冷やしてください。

 

冷水に浸して絞ったタオルを肌に当てて冷やしましょう。

 

肌が熱を持っていて肌内部の水分が蒸発をするので、保湿ケアもしてください。

 

肌が弱っているので、刺激が少ない製品でケアをします。おすすめはワセリンです。

 

ワセリンが肌表面を覆って保護をしてくれます。黄色いワセリンは添加物が配合されていて肌の刺激になるので、無添加な白色ワセリンを使用してください。