しみ そばかす 原因

しみ・そばかすの原因!紫外線対策とターンオーバーを正常にする対策法

化粧水

 

シミの一番の原因は紫外線!紫外線予防と対策は?

しみやそばかすが出来る原因の一つは、紫外線にあります。

 

通常の紫外線を浴びている範囲ではしみやそばかすが出来る原因にはなりませんが、過剰に紫外線を浴びることでしみやそばかすに悩まされることになります。

 

つまりしみやそばかすの対策として一番重要なことは原因となっている紫外線を予防するということが大切です。

 

しみやそばかすの原因となる紫外線対策の方法としては、季節問わず帽子をかぶったりメイクをする時には日焼け止め効果のある化粧品を使う対策が必要になります。

 

原因となる紫外線が強い時期は春先から秋までですので、しみとそばかす対策はほぼ年中必要なことになります。

 

 

若い頃に浴びた紫外線には美白化粧品でしみ対策が効果的!

大人になってからしみやそばかすが出来ないように紫外線対策していても、しみやそばかすに悩まされることがありますが、この原因は若い頃に浴びた紫外線による肌記憶も原因となっています。

 

若い頃に浴びた紫外線が原因となって、ちょっとの紫外線にも過剰に反応してしみやそばかすを作り出すことがあります。このような場合には、日頃から美白効果のある化粧品で対策する必要があります。

 

美白ケアをすることでこれから出来るしみやそばかすを作らせないようにと対策することも出来ます。

 

 

わずかな紫外線も油断大敵!室内でも紫外線対策を!

しみやそばかすが気になるのでしたら、ちょっとした外出だと怠けずに原因となる紫外線対策をしっかり行わなくてはいけません。

 

それ程外出をすることがない人でも、室内にいても、わずかな時間紫外線を浴びることも、しみやそばかすが出来る原因となります。

 

外に出て紫外線にさらされる時間が短いとしても、紫外線対策を怠っていてはいけません。室内で過ごすことが多くても、窓をUVカット加工にするなどの対策も必要です。

 

 

紫外線を浴びてもターンオーバーが正常ならしみ・そばかすはできない?

紫外線を浴びることはしみやそばかすの原因になりますが、肌のターンオーバーが正常なら代謝していき色素沈着をすることはありません。

 

しみやそばかすになってしまう原因は、肌の新陳代謝が悪化しているのが原因ですので、その代謝を良くする対策が必要となります。

 

代謝が悪いとしみやそばかすは肌の奥にたまったままになり、茶色いしみになってしまいます。

 

しみやそばかす対策としてはまずターンオーバーを改善することが大切なのです。

 

 

紫外線対策だけでなく内側からのケアも取り入れて、しみ・そばかす対策を!

代謝が悪くなっている原因は、生活リズムの乱れも考えられます。

 

特に睡眠時間が短かったり夜更かしすることはしみやそばかすの原因となります。

 

しみやそばかすを減らす対策としては原因となっている睡眠不足を解消しなくてはいけません。

 

また同時に原因となっているのは肌の乾燥も挙げられます。

 

潤っている肌では代謝も良くなりますので、しみやそばかすが沈着する前に代謝させることができます。

 

対策としてはしっかりと保湿ケアをすること、入浴後や洗顔後は忘れずに保湿ケアをするという対策が重要です。

 

乾燥している肌が原因の場合には、まずスキンケアを見直すことです。

 

それ以外のしみやそばかすの原因としては食生活も大切です。

 

外からスキンケアで対策するだけではなく、抗酸化作用の高い栄養素を摂るという対策も必要です。

 

抗酸化作用のある食品と言えばビタミンです。しみやそばかす対策には新陳代謝を促進するビタミンE、高い抗酸化作用のあるビタミンCです。

 

しみやそばかすが気になる原因には不規則な食生活や外食もあります。

 

しみやそばかす対策に食事だけでは不十分だと感じるのならスキンケアだけではなくサプリメントなどで対策していくことも重要です。

 

効率的にしみやそばかすを改善することも出来ます。