ビーグレン・ハイドロキノンは安全なの?

ビーグレン・ハイドロキノンは安全なの?

ビーグレンハイドロキノン

 

美白効果が期待できる成分は数多くありますが、そのほとんどが予防型と言われ、メラノサイトの活性を予防する働きをしています。

 

唯一といっても過言ではないビーグレンに含まれているハイドロキノンが漂白型の攻めの働きをする成分で、すでにできてしまったシミを薄くすることができます。

 

高い美白効果があるため、その安全性について心配される方もあるようです。

 

ハイドロキノンについて

ハイドロキノンはアメリカを中心に美白剤として用いられています。

 

日本では皮膚科ではハイドロキノンが処方されていましたが、化粧品にハイドロキノンが配合され始めたの、は2001年の規制緩和で配合が可能となってからです。

 

ビーグレンのハイドロキノンの配合率は?

ハイドロキノンの濃度は皮膚科では4〜5%が安全性と高価のバランスがよいされていますが、ビーグレンの濃度は、1.9%です。

 

低濃度にもかかわらず美白効果が高いわけは、ハイドロキノンをナノ化し浸透性を高めているからです。

 

ビーグレンのハイドロキノンの副作用について

 

数年前に大手の化粧品の美白成分が原因で肌に白斑被害が問題となったことがあります。

 

しみの予防や改善にハイドロキノン入りのビーグレンを使いたいと思いながらも、やはり副作用が気になります。

 

依然問題がおこったのはハイドロキノンではなくロドデナールという成分なので、ひとまずは安心というものの、やはりルールに沿った使い方をするようにしましょう。

 

ビーグレンンの中でも人気の高い「Qusomeホワイトクリーム1.9」を使うにあたっては、日中の紫外線が多い時期は避け、夜寝る前につけるようにし、早く効果が得たいからと重ね塗りは止めましょう。

 

ビーグレンのハイドロキノンは低刺激なので赤くなったりヒリヒリしたりすることはほとんどないようですが、人の身体はさまざまなので絶対とは言い切れません。

 

まとめ

 

ビーグレンの人気は高く、通販でのリピート率は98%以上です。

 

女性の悩みの中でも肌に悩みを抱えている人は多く、特に顔にできてしまった濃いシミや、肝斑、くりかえすニキビやニキビ跡などに悩まされているようです。

 

「一度使ったらもうやめられない」などとの口コミがみられます。

 

多くの人が比較的早く肌質が変わっていく感覚を実感しているのは、ハイドロキノンの他にもピュアビタミンCなどが配合されており、ターンオーバーが順調におこなわれていつからでしょう。

 

まずは、トライアルセットで「肌革命」にチャレンジしてみましょう。